ニキビ跡の凹み

ニキビ跡が出来ても、コンシーラーやファンデーションで隠しちゃえばいい、と思っている方もいるでしょう。
確かに、赤みや色素沈着ならメイクアイテムを駆使すれば隠せないことはありません。
ですが、どんな優れたテクニックを持っていても隠せないのが凹みです。
肌が凹んでしまった状態のニキビ跡は、色でカバーできないので大きな悩みの種になりますよね。

肌細胞が死滅した部分は凹んでしまいニキビ跡に

凹みになってしまう過程は、まずニキビの角栓部分にアクネ菌が繁殖することから始まります。
アクネ菌が繁殖すると、免疫細胞は肌を守るためにアクネ菌と戦って炎症が起こります。
この戦いで死滅した細胞は膿となり、さらに炎症が重なると真皮層にダメージを与えます。
ダメージを受けることで、肌は破壊された真皮を埋めようとしてコラーゲンをたくさん生成し始めます。
ただし、コラーゲンは肌を支える成分なので、大量に作られても肌自体は蘇らず、コラーゲンだけがかたまりとなって瘢痕組織になります。
炎症のダメージが大きいと、瘢痕組織は毛穴の形を残したまま周囲に広がったり、毛穴自体を破壊して広がります。
すると毛穴部分がぱっくり開いて、肌細胞が死滅した部分は凹んでしまいニキビ跡となるのです。

ターンオーバーを促進することがポイント

この状態を改善するには、異常生成されたコラーゲンによって出来た瘢痕組織を正常化すると同時に、肌の再生を促す必要があります。
コラーゲンが固まってできる瘢痕組織は、軽度であればピーリングで落とすことができますが、重度の場合は皮膚科での治療が必要です。
皮膚科の治療では、レーザーを使って瘢痕組織を取り除いたり、熱で刺激を与えて細胞分裂を促進して凹みを改善していきます。
もし、自分で改善したいという場合は、ターンオーバーを促進することがポイントになります。

ターンオーバーは聞き飽きた、と思うかもしれませんが、これはニキビ跡に限らず肌の健康や美しさすべてに関わっていることで、極端に言えばこれ以外に治す方法はありません。
皮膚の一番外側にあるのが表皮ですが、これはずっと同じものではなく、基底層で新しい肌細胞が生成され、角質となって表皮に押し上げられて古くなった表皮と入れ替わります。
この働きがターンオーバーというもので、ターンオーバーが行われるからこそ、炎症で死滅した肌細胞によってできたニキビ跡の凹みも、少しずつ新しい肌細胞で再生されて健康な状態へと改善できるのです。
ターンオーバーを促進するには、食事、睡眠、運動、保湿ケアがポイントになるので、自分で凹みを改善したい場合は、規則正しい生活習慣とスキンケアを頑張りましょう。

One Response to “ニキビ跡の凹み”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

このページの先頭へ